アメリカ遠征 Day16

img_3836

二回生の浅田です。今日はきたる12日の実地試験に備えてインストラクターのトムとチェックフライトをするはずだったのですが、ダスト・デビルが見えるほど条件が良いためダメもとで一時間滞空に挑み、なんとか成功しました。離脱してから着陸までの自分の計測タイムが55分だったため、自分の中では失敗したと思っていたのですが、記録では何とか一時間のフライトになっていたようです。
これまでのソロフライトでは3/5に1500ft離脱で、運良く46分滞空したことがあったものの、一時間まであと14分と悔しい思いをしたので今日は他機の警戒を続けると共に積極的に他機がソアリングしているサーマルに入りに行きました。自分にはサーマルを見つける技術も経験も全くないため、ソアリングしていると思しき機体を見つけ次第クリアランスを確認し、上側もしくは下側に潜り込むという、少し姑息な手を使っていました。そのため一つのサーマルにASK31×1、SGS2-33A×2の3機が滞空している状況もありました。今日の最高高度はAGL5000ft(高度計ではMSL6300ft)まで上昇することができました。これまでのフライトで最も高く、景色もきれいでした。残念ながらフライトで手が一杯で写真を撮る余裕はありませんでした。また、グライダーに乗って初めてこれまでと異なる”寒さ”を感じました。普段2000ft~3000ft程度のフライトでは機首から取り入れた空気が体の前面にあたり背中だけ汗をかくといった感じになるのですが、今回の高度では全体的に”ひやっ”とした肌寒さを感じました(半袖だったせいもあると思いますが)

 

 

今日は多くの”初めて”を経験することができたので大変勉強になったと思います。この経験をフィードバックして、さらに少しでも長い滞空を目指したいと思います。

タコスとベティの手料理を、頂きました!とても美味しかったです。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中