第58回 全国大会 まとめ

こんにちは。主将の松田です。

ご報告が遅くなり申し訳ありません。
妻沼滑空場にて行われた第58回全日本学生グライダー競技会が終了しました。

結果としましては、残念ながら得点することができず入賞できませんでした。

個人的なものではありますが、大会を終えた感想を書かせて頂きたいと思います。

 

今大会を通して、感じたのは技量不足・準備不足・経験不足の3つです。

大会中あらゆる場面において関東の強豪校に対して圧倒的な差を感じました。

Day1ではまずまずの条件で周回機が多数ありました。自分も滞空・上昇をしていたのですが途中からセパレーションであったり上手くサーマルを掴めず、給水塔を近くに見ながらも降りてしまいました。
自分と同じ機種に乗って自分よりも下にいた関東の機体がその後何機も周回するのを見て圧倒的な技量の差を感じました。

また、後で周回した選手のログと自分のログを比較すると、自分のフライトでは行動範囲が狭くすり鉢を有効活用できていませんでした。
ガイドライン高度を考えすぎるあまり滑走路から離れることが出来ずチャンスを逃していたのだと思います。

 

この場で反省点は言い尽くせませんが、来年度の大会にむけて課題がたくさん見つかった試合となりました。
次の一年、練習に励んで来年度の全国大会では優勝トロフィーを持って帰れるようにします。

 

最後になりましたが、本大会参加にあたりご指導を賜りました教官方、沢山のご支援・ご声援をして下さったOB・OGの皆様、ありがとうございました。
これからも立命館大学体育会航空部を宜しくお願い致します。

 

29339810_10216955526306808_1578561916215754752_oimg-20180318-124109_orig29313400_10216966505701286_3277240950870507520_o29365623_10216966500301151_5626398112558874624_oIMG_1505IMG_1500

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中